メインイメージ画像

保険適用が効く医療用かつらについて

「医療用かつら」や「医療用ウィッグ」というワードが珍しくない時代になりました。コレに関してはガン等の病気により毛髪が抜けてしまい、そのために着用するかつらの事を言います。

ガン等の治癒で抗がん剤を使用するとどうしても副作用のせいで全身の毛が抜け落ちてしまいます。患者さんは抗がん剤や治すのに肉体的な苦痛に加え、全身の毛が抜けるという精神的な苦しみも味わう事になります。この精神的苦しみを少しでもやわらげるために、ウィッグをセットする人もいますが、人毛のウィッグやかつらというのは高価な品になります。

化学繊維で作ったかつらも販売されていますが、あくまで化学繊維のため、手触りに関しては人毛のものと異なります。そのためどうしても人毛かつらを希望する人が多くいますが、病気の治療が金銭的に厳しいうえ、さらにかつらの料金が高いのは患者さんにとってとても厳しいものです。

その医療用かつらですが、今はまだ健康保険等の公的保険の対象外とされています。もし公的保険で医療用かつらの代金が負担可能ならば、患者さんの負担も軽減可能ですが、現在のところ厳しい状況です。

しかし、昨今では任意保険で保険適用し、医療用かつらの購入代を負担してくれたり、補助金が出る制度のがん保険も出てきています。ガン治療を行っている患者さんとしては、とてもありがたい保障内容だと言えます。ガンというだけで肉体的精神的負担や苦痛はあるのに、金銭的な面でもさらに負担を強いられるのはとても辛いものです。

そういった仕儀を考慮して、任意のガン保険よっては医療用かつらやウィッグの費用を賄ってくれるものもあります。

このような治療以外の保障についても充実な内容の保険があるので、一度チェックする事をオススメします。自分自身もいつ癌になり、治療が必須になるのか誰にもわかりません。癌治療に専念するためにせめて金銭的苦痛や心配から解放されるように、ガン保険を検討してみるのも手段の一つです。その場合に医療用かつらの事も検討してみるのもありです。